産後ダイエット きれい 痩せる

きれいに痩せるにはあせりは禁物

 

妊娠中はどうしても、栄養を摂取するために飽食になりがち、かつ激しい運動が制限されてしまいます。
また、出産後は体調が整わなかったり、毎日赤ちゃんの世話に追われて、なかなか妊娠前の生活に戻すことが難しくなります。

 

でも、出産してもキレイでいたいと願う女性は多いはず。
そこで、赤ちゃんの世話をしながらできる、きれいなママになりたいという人に最適な産後ダイエットの方法を紹介します。

 

妊娠前と出産後で大きく異なる身体の部位の一つが骨盤です。

 

出産時には、直径約10センチもの赤ちゃんの頭部が骨盤を通過するために、産後の母体はどうしても骨盤が広がったり歪んだりしています。
これはやむを得ないことなんですが、実は骨盤をこのまま放っておくと下半身太りの原因になるばかりか、冷え性腰痛、肩こりといった症状を引き起こす可能性があるのです。
なので、出産後には骨盤を正規の状態に戻してやる必要があります。

 

ただし、産後間もない頃から骨盤矯正するのは間違いです。
まずは、骨盤の中の子宮を元に戻し、産後の悪露(出血)を出し切る事が重要です。
産後の悪露を出し切らないうちに無理に矯正したりベルトで締め付けると、悪露の排出が悪くなり体調を崩してしまうこともあるため、あせりは禁物。
まずは、産褥体操など軽微な運動で、お産で疲れた身体を回復させながらほぐしてあげることから始めて、徐々に元の体形へと近づけていくのが正解です。

 

生後1か月たったころには赤ちゃんも外気浴ができるようになるので、ベビーカーに乗せて近所を散歩したり、首が座ったら抱っこひもで抱っこやおんぶをしながら歩くのもいい運動になります。
また、妊娠中に筋肉が衰えてしまっているため、自宅でバランスボールやバランスチェアをつかってインナーマッスルを鍛えれば、きれいなボディラインを作ることにより効果的でしょう。

抱え込みストレッチをするママ

それ以外で骨盤を引き締めるのに有効なエクササイズとしては、たとえば腰を左右にぐるぐると回したり、仰向けに寝て両手で膝を抱え込むストレッチや床に長座で座りお尻だけで前後に歩くお尻歩きの運動なども有効です。

 

実際、母体にとって産後2ヶ月〜半年くらい経過するまでが骨盤の矯正にちょうどよい時期と言われています。

 

その時期に骨盤を引き締める方法の一つに、整体でプロにしっかりと診てもらうことがありますが、できればそれ以前に、体操やピラティスなどでお腹やお尻まわりの筋肉をつけておければ言うことありません。
自分自身の身体を、いわば筋肉でできた天然のガードルに仕立て上げることが理想です。
そうすれば、整体で矯正した骨盤が保てますし、その後のギックリ腰なども防げます。
何より赤ちゃんのお世話をしても疲れにくい健康体になれるので安心です。

 

近頃では、出産前から「産後のガードルはいつからつけるの?」「産後なるべく早くきつめのガードルで締めないと元に戻らない?」など体型を戻す事に興味がある人が増えてきました。
もちろん、いつまでもキレイなママでいたい、と考えることは美容面だけでなく健康面でも大切なことです。
骨盤ベルトや矯正下着をつけることも、間違ってはいません。

 

でも、産後ダイエットでキレイに痩せるためには、闇雲に行ってはだめ!
正しい知識を持って正しい方法で行うことが重要だということを覚えておきましょう。