負担をかけない産後ダイエット方法


出産を終えると、多くのママがダイエットを意識すると思います。

妊娠中はどうしても食べ過ぎなどで体重過多になりがちですし、出産後には体型の崩れも気になりますから、女性として当然といえば当然かもしれません。

ただし、産後のダイエットでは一般的な美容ダイエットと違い、極端な食事制限はできません。

出産による母体の体力回復や赤ちゃんの唯一の栄養源である母乳の栄養のことを考えれば、お母さんはしっかりと食事をすることが重要だからです。

食べることでいえば、インスタント食品や加工食品、脂肪分の多いスイーツ類を避ける程度で、食べる量を減らすことは絶対にNGです。

ダイエットといえばもう一つ、運動があります。

もちろん産後のダイエット運動についても、当然のことですが、まだまだ体力が回復しきれていない時期から実践するものなので、無理をしてはダメ

やり方を誤ると、体に大きな負担がかかってしまい、体調に悪影響を及ぼしてしまう恐れがあります。

とはいうものの実際には、ダイエットを意識しているときにあまりに軽すぎるエクササイズでは、本当にこれで効果があるのだろうか、と疑問に感じてしまって、つい無理をしてしまいがちになるなど、意外に調整が難しいかもしれません。

 

わたしが長男を出産したときも、「早く体型を元に戻したい・・・」という思いが強く、はじめはついつい無理をしてしまうことがあったので、途中からは、負荷は軽めにして楽しめる運動をするという意識に変えました。

ダイエット開始当初は、

産褥体操⇒ストレッチ⇒ペットボトル運動

を毎日の決め事にして、ストイックに取り組んでいました。でも、しばらく続けてみると自分的にけっこうキツイと感じ、行うことが億劫になってしまったので、途中からはトレーニングではなく歩くことをメインにしました

歩く=ウォーキングですが、実際には子供と一緒に自宅の周辺をいろいろと散歩して歩きまわっただけです。そうしていると、楽しく体を動かすことができましたし、ぜんぜん苦にならなかったんです。

お散歩のとき自分の調子がよいときには、赤ちゃんを抱っこしながら歩きました。そうすると、丁度よいおもりになってくれて、それなりの負荷がかかるんです。でも体調がイマイチのときにはバギーに乗せて歩きました。

その辺りも臨機応変に考えることで、体も心もストレスを感じずにすんだと思います。それに子供をつれて散歩することはとても幸せなことで、毎日楽しくに継続できたので、ダイエットの運動としてキツイと思うことは一切ありませんでした。

出産後の弱った体には、散歩をするだけでも結構いいトレーニングになり、続けるうちに徐々に歩く距離を伸ばすことができましたし、それなりのカロリー消費ができるようで、半年経ったころには体重・体型がほとんど元に戻って体力も回復しました。

心にも体にも負担をかけないダイエット運動という意味では、最適だったのではないかと思います。

 


SNSでもご購読できます。