産後ダイエットに焦りは禁物


妊娠中は、どうしてもお腹が空いて、また自分自身をついつい甘やかしてしまい、好きなものばかり食べていたこともあり、体重がオーバーぎみでした。

おまけに、子供を産んだ後は体型が崩れてしまったのがはっきりと分かり、「このままだとまずい・・・」と感じていました。

ただ、わたしはそれまでの経験上、普通のダイエットに成功したことがなく、そんな自分に産後のダイエットなど出来るだろうか、と不安に思ってもいました。

が、崩れた体型を映した鏡を目にした時には、「なんとしてもダイエットしなければ・・・」という気持ちになったのです。

とはいっても、産院緒の看護師さんから、出産直後の体は何かとデリケートなので焦ってダイエットしてはダメだと聞かされていたので、しっかり計画を立てて行うことにしました。

わたしの立てたプランは、

  • 結果を急がない
  • 無理はしない

という、いわば無計画な計画(?)でした。

要は、自分自身にそんなにがんばれる自信がなかったわけです。。。

具体的には、主産後の一ヶ月間は、体調を整えて体力を回復させることに専念することにして、しっかりと食事して、体をいたわりながら育児や家事をできる範囲で行いました。この間は、お菓子やファーストフードなどを除けば、好きなものを好きなだけ食べました。それでも、授乳のおかげか、体重が増えることはありませんでした。

母子健診が終わりお医者様からも順調だというお墨付きをもらい、一ヶ月半後ぐらいには自分でも体調がかなり回復した実感があったので、そこからは軽い運動に取り組みました。
といっても、生まれたばかりの赤ちゃん連れなので、たいそうなことはできません。実際行ったのは、子供を抱いて散歩する程度のことでした。

わたしの場合、散歩といってもダイエットを意識することでどうしても無理をしがちになっていたので、あえてはやる気持ちを抑えて、いつも「もう少し歩ける・・・」くらいのところで引き返し、軽めの運動を心がけました。独身時代のダイエットでいつも失敗していた原因は、ストイックになり過ぎて途中で挫折したことなので、あえてゆる目に行ったのです。

そうこうして、産後三ヶ月目ぐらいには、かなり体力が戻ってきた感じがあったので、今度は散歩に加えて、バランスボールを購入して少しずつ負荷がかかるダイエット運動を取り入れました。

もちろん、負荷を掛けるといってもハードなことは無理なので、空いた時間にテレビを見ながら、ゆっくり行いました。たとえば、バランスボールに腰掛けてぽんぽん跳ねたり、バランスボール上で腹筋運動したり、いずれも購入したときに付属していた説明書に掲載されていたエクササイズですが。。。

 

前記したとおり、ダイエットを開始するときに、無計画な計画を立てて、

焦らず騒がず

と決めてたので、その時期その時期にできる最低限の運動を、時間をかけて無理をしなかったことが結局、ダイエットの継続につながった気がします。そして、約1年間継続したことで、ほぼ産前の体重・体型を取り戻すことができました。

結果的には、自分なりに考えた、いわば非計画的なダイエットを続けたことが、成功につながったと思います。

 


SNSでもご購読できます。