産後ダイエット成功の鍵は実施タイミングにあった!


出産後、自分の体重や体型の変化が気になって、産後ダイエットに取り組もうと考えるお母さんは少なくないと思います。

産後ダイエットを行うこと自体は、問題ないというより、むしろ美容はもちろん健康面でも有効なことだと思いますが、その実行は慎重に計画しなければなりません。

経産婦はみな、出産時に体力を消耗し、また骨盤の歪みも発生しているケースが多いので、体調を崩しやすい状態にあります。

さらに退院後、身体を休める暇もなくオムツ替えや授乳、夜鳴きのお世話など、赤ちゃんの世話が始まるので、疲労とストレスがたまりやすいです。

そんな時期に産後ダイエットを始めても、体力的にきつかったり、かえってストレスの種を増やしてしまうことになり上手くいかないことが多々あります。

わたしが思うに、産後ダイエットが成功するか否かの鍵は、実施するタイミングではないでしょうか。

出産して退院後、体力が回復するまで・・・早くても1ヶ月検診が終わるまで待って、また赤ちゃんのお世話が生活の一部になるくらい慣れてから、産後ダイエットに取り組むのがよいと思います。

といっても、体力が回復するまで・・・、生活が落ち着くまで・・・、と先延ばしにし過ぎると、あっという間に数ヶ月が経ってしまい、そうなると余分に付いた脂肪が定着してしまって落ちにくくなってしまいます。

実際、女性の身体は、出産後半年くらいまではホルモンの関係で血行が良くなっているので、代謝活動が活発なため痩せやすい状態です。
なので、産後1~2ヶ月、遅くとも産後3か月くらいから産後ダイエットを始めるのがタイミング的にはよいでしょう。

ただし、産後ダイエットには、通常のダイエットにはない注意点があります。

多くのお母さんが、完全母乳とまでいかなくても、ある程度は授乳しているでしょう。その場合、母体には栄養がいつも以上に必要です。

分かりやすくいうと、赤ちゃんに与える栄養プラス自分の健康を維持する栄養が必要だということです。

つまり、ママの健康をしっかり保ちつつ、赤ちゃんにも十分な栄養を与えられる分の食事を食べなくてはいけないということです。

かといって、もちろん食べ過ぎてはダイエットできませんから、とくに脂質と糖質(=炭水化物)のとり過ぎに注意して、栄養バランスに気をつけた食事メニューを心がけてください。

よく、お肉類を食べると太ると勘違いしている人がいますが、お肉やお魚は健康面でも痩せるためにも重要なタンパク源ですから、しっかり食べましょう

その際、調理方法として揚げ物にしてしまうと脂質過多になりやすいので、焼物・煮物などの料理がおすすめです。

あとは、無理のない範囲で、積極的に身体を動かす機会をつくりましょう。

といっても、わざわざ、○○教室や××ジムに通う必要はありません。

毎日の生活の中で、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を昇降したり、車を使わずに徒歩や自転車で移動したり、テレビを見ながらストレッチしたり、赤ちゃんと一緒に散歩に出掛けたり、など出来ることをするだけでOK

あとは、なるべく規則正しい生活をおくりながら、産後ダイエットをすすめていけば、きっと成功するはずです。


シャワー中にできるマッサージで産後ダイエット


出産を経験した多くの女性が産後ダイエットを実践し、そして苦労してきたと思います。
私も苦労した一人ですし、周囲のママ友たちのほとんどが、いろいろなことに悩みながらダイエットに取り組んでいたのを知っているので、経験からそう思うのです。

ちなみに、ここで私が言う「産後ダイエットの苦労」とは、「やせない」とか「体型が戻らない」ということもありますが、それだけでなく例えば、育児や家事をしながら行うことの難しさなども含みます。

忙しい中で私が実践したダイエットといえば、浴室でのマッサージです。入浴は、一日で一番リラックスした時間なので、誰でも時間に追われずにできるところがおすすめです。

やり方は簡単で、用意するものは足首まで浸かれる入れ物だけ。
いうなれば足湯の感じですね。

足湯のように足首までお湯につかることで、足元だけでなく全身まで温まり、血液の流れが良くなるのが実感できると思います。
カラダが温まってきたら、上半身のリンパマッサージをします。
顔面から首、脇の下などから鎖骨に集めるように、両手の指先でやさしくマッサージしてください。
次に下半身も同様にマッサージします。足首から膝、太もも、脚の付け根にかけてゆっくりリンパ液を流すイメージで軽くさするようにマッサージをします。

上半身、下半身ともに終わったら、今度はお肉が気になる部分にシャワーをあてながら、細かくつまんでモミます
例えば、お腹まわりが気になるなら、お腹にシャワーをあてながら少し痛いなと思うくらいの力で細かく細かくつまんでください。
そうすることで、余分な脂肪がほぐされて柔らかくなり、燃焼しやすくなります。さらに、シャワーで温めながら行うことで、代謝もアップし、前段のリンパマッサージによって、浮腫(むくみ)もとれて身体全体がスッキリします。

注意点として、強くつまみ過ぎないこと。

個人差はあると思いますが、力一杯つまんでしまうと内出血をおこしてしまう場合もあるので、少し痛いくらいのところを自分で調節してください。

最後に、入浴後汗が引いたら生姜紅茶を飲んで布団に入りましょう。生姜には代謝アップ効果が期待できるので、より痩せやすいカラダになるはずです。

個人差があると思いますが、私はこの方法とスイーツを我慢しただけで、特別な運動をしなくても、8kgのダイエットに成功したので、試してみる価値はあると思います。ぜひやってみてください。


産後ダイエット!成功のカギを握る食生活の改善方法


妊娠中はなかなか運動も出来ず、赤ちゃんのためと思いながら(言い訳しながら???)、ついつい食べ過ぎの生活を送ってしまった方も多いのでは。。。
かく言う私もその一人で、出産後にお腹周りについたお肉をつまんで途方に暮れたことを覚えています。

と同時に、途方に暮れているだけでは何も変わらないと考えて、ダイエットをしようと決心したことも思い出します。

ただ、産後ダイエットに焦りは禁物です。
とくに出産後1ヶ月は、まず体調をしっかりと回復させることが第一なので、激しい運動も食事制限もしてはダメ!
ここで無理をすると、回復が遅れるだけでなく、ヘタをするとその長期間、体の不調に悩まされてしまうこともあるといいますから、絶対に無理してはいけません。

わたしの場合も、1ヶ月の母子検診まではゆっくり安静にし、お医者さんからOKをもらってから、少しずつ産後ダイエットを行いました。

具体的には、まずは食事を改善していくことを目指しました
私は母乳で赤ちゃんを育てたので(完ボです)、母乳に良いといわれる食材を中心にして、栄養バランスを考えた食事を心がけました。

お肉やレバー、お魚や牡蠣、あさりなどの貝類、ほうれん草や小松菜を、意識してメニューに取り入れました。

よく乳腺炎の原因になるから乳製品は避けた方がよいといわれますが、私はお医者さんのアドバイスとおりに、卵や牛乳も摂取しました。

1日に卵1個・牛乳1~2杯であれば、赤ちゃんのアレルギーの心配も不要で、良質なたんぱく質やビタミン、カルシウムなどを効率的に摂れる食材なので、上手に食べるとよいと思います。

母乳面が心配なら、青菜類を沢山食べると乳質がよくなり、母乳がさらっとして詰まりにくくなるので、その辺も意識して食事するのがよいでしょう。

そういった食材を、和食を中心としたメニューで、味も薄目を意識して食生活を送りました。
もちろん、甘い、辛い、刺激が強い、といった食べ物は、ご法度です。

そのような食事を約半年続けた結果、約10キロの産後ダイエットに成功しました
私の場合は、とくに食べ物のストレスは感じずにダイエットメニューを続けられましたが、人によっては揚げ物やスイーツ類を制限するのが難しいこともあるでしょう。
そんなときは、週に1度は好きな物を食べていい日、などチートデイ(息抜き日)を決めると成功しやすいかもしれません。

とにかく、焦らず騒がず(?)、和食中心の生活を心がければ、きっと痩せるので頑張ってください。

最後に、運動についてです。

産後2~3ヶ月程度までは、赤ちゃんの世話も何かと大変だったので、これといった運動は行いませんでした。そして、3ヶ月目以降は、ベビーバギーを押しながら、子供と一緒にお散歩やお買い物に出掛けて、なるべく歩くことを心がけてはいましたが、結局、コレといった運動は行わず仕舞いだったことも付け加えておきます。


帝王切開後の産後ダイエット注意点


私は、帝王切開で出産しました。

妊婦健診の時にお医者様から、胎児の状態が自然分娩では難しいかもしれないといわれており、最終的に予定帝王切開で分娩にのぞみました。

はじめはショックと恐怖心で正直へこみましたが、お医者様の話では、近年では、総出産数のおよそ2割、 つまり妊婦さんの約5人に1人が帝王切開により出産しているそうです

出産数自体は減少しているにもかかわらず、帝王切開による出産は増えているんですね。それは、主に赤ちゃんの安全をより重視する傾向や、医療技術が進歩してさらに安全な手術が可能になってきたことが理由だそうです。

私の場合は幸い、出産自体は順調で、母子共々問題なく終えることができましたが、やはり産後の戻りは、同時期に自然分娩で出産したほかのママさんよりも遅れたと思います。

ただ、増えた体重やたるんだお腹周りの悩みは、分娩方法に関わらず出産した女性共通だと思います。事実、私もどうにかしたくてずっと悩んでいました。

でも、帝王切開で出産した人は、自然分娩の人とは違い腹部を切っているので、無理なダイエットは禁物です。
特に、運動については、お医者様の許可のもとで指導に従って行わないと、傷口が開く恐れがあり大変危険です

私の姉は、私より少し前に自然分娩で出産を終え、比較的早い時期から産後のダイエットを開始していたのを知っていたのですが、自分は帝王切開だったのでダイエットに踏み切る勇気がもてず悩んでいました。

そんな私が唯一取り組めた産後ダイエットが、太ももの間にクッションをはさみ、軽くスクワットをする運動です。

ちなみにこれは、産院のベテラン(?)看護士さんに教わりました。
やってみるとわかると思いますが、それほど激しい動きではないものの、太ももの筋肉をしっかりと使うので、かなりぷるぷるしてきついです。

実際、この運動を毎日少しずつ行っていくうちに、少しずつ下半身がひき締まりました。

それから、ボディメイク用のガードルについても、締め付けが強過ぎないものならば使用は可能だと指導されたので、3ヶ月目くらいからワコールの締め付けが調整できるタイプを購入し、常に巻いていました。

その効果が出たのか、産後半年が過ぎた頃には、ウエストにくびれが戻ってきました。

私は基本的に母乳育児だったため、授乳に影響が出るのを避けて、極端な食事制限は行いませんでした。

ただ、栄養面で意識したのが、できるだけタンパク質を多くとるようにしました。

できるだけ、3食ともお肉かお魚、豆腐や納豆などの大豆製品をメニューに加え、それらに加えて野菜やキノコ類も欠かさず食べました。

ただし、乳脂肪分の高い食品は、乳腺炎のリスクが高まると聞いていたので、なるべく避けました。

帝王切開出産の人は、体調面でなかなかダイエットに取り組めなかったり、取り組むタイミングを逸してしまい、もとの体型に戻ることが困難になりがちだといわれますが、お医者様や看護師さんの指導を受けながら地道に実践すれば、少しずつでも必ず体重は落ちてきますので、焦らずに、かつ確実にダイエットに取り組むことをおすすめします。


産後ダイエットと栄養


わたしの場合、長男を妊娠中にかなり体重が増えてしまい、胴回りはもちろん二の腕や太ももまで肉づきがよくなってしまったので、出産前から、退院して落ち着いたらしっかりと産後ダイエットに取り組もうと決めていました。

なので、妊娠中から産後ダイエットについて雑誌やサイトなどで勉強していたのです。

そして、ダイエットというと、食べる物を制限したりハードなエクササイズを行うというイメージがありましたが、産後ダイエットは通常のダイエット方法とは考え方が異なり、慎重に進めなければならないということを学びました。

出産後の女性が、いくら体型が気になるからと言っても、あまり短期間に急激に痩せてしまっては、体力が低下してしまい育児に悪影響が出てしまいます
また、食事を制限してしまうと、母乳の栄養が損なわれてしまいますので、これも避けたいことです。

健康的なメニュー

出産後のダイエットは、自分自身の体調と赤ちゃんの健康を考えながら、慎重に実践しなければなりません。

栄養面でみると、出産後のママの体は、特に鉄分が不足しがちです。

なので、ダイエットでありがちな、○○しか食べない、とか、××は一切口にしない、など、偏食的な食事制限は、重大な栄養不足につながりますので絶対にNGです

赤ちゃんの主食、母乳は、お母さんの血液から出来ています。

そのお母さんの、血液中の鉄分をはじめとする栄養素が不足すれば、母乳の出がわるくなるだけでなく、赤ちゃんの健康にも影響する可能性が高く、その上、自身の体も危険な状態になってしまいます。
なので、わたしの産後ダイエットでは、とくに肉、魚、豆腐、豆類、卵といったタンパク質をしっかりと摂取することに気を付けながら、間食などで余計な糖分や脂肪分を摂らないように、メリハリをつけた食事を意識しました。

もちろん、野菜も多くの種類を積極的に食べて、ビタミン類食物繊維が不足しないように注意しながら、ご飯やパンなどの炭水化物は、過剰摂取にならないように気を付けました。

運動面では、正直「コレ」というエクササイズをしたわけではなく、主に散歩をしました。

子供と一緒に近所の公園へ行ったり、スーパーへ買い物にいくにも徒歩で出掛けたりして、できるだけ運動量を上げる工夫をしました。

赤ちゃんと一緒に散歩するお母さん

余談ですが、買い物するときの注意点として、これはよく言われていることですが、空腹では行かないようにしました。

空腹だとどうしても、スーパーで販売されているお惣菜や加工食品、お菓子に手を出してしまいがちになりますが、そういった食品はカロリー過多ですし、塩分・糖分・脂質も過剰になってしまい、また添加物も入っているため極力控えました。

産後のデリケートな体には悪い影響が出かねないと考えたからです。そのおかげもあってか、わたしは実際にとくに体調を壊すこともなく、妊娠前とほぼ変わらない体に戻ることができました。

わたしのダイエット方法はなんの特色もないものですが、それでも一応産後ダイエットに成功した者として言わせてもらえば、出産後はとくに栄養面を重視して、あせらず・あわてずの姿勢でダイエットにのぞむことが大切だと思います。


産後ダイエットはタイミングが勝負の分かれ目?!


わたしが思うに、産後ダイエットの成功の鍵を握るのは、実施するタイミングです。

一般的に、妊娠中に太った皮下脂肪には水分量が多いため、比較的落としやすいといわれています。でも、出産後6ヶ月を過ぎてしまうと、普通の脂肪として体に定着してしまいます。

なので、妊娠中や出産後に太ったまま長期間放置しておくと、体を元に戻すことが困難になり後悔しかねません。

そうはいっても、出産は女性にとって大仕事。その疲労が十分に回復しないうちにダイエットを始めてしまうと、体調を崩したり、精神状態が不安定になりイライラして、育児や家事に支障をきたす恐れがあるので、十分な注意が必要ですが・・・。

多くの専門家の意見や産後ダイエットの経験者の意見では、産後ダイエットをするのに理想的な期間は出産後3カ月から6カ月です。

さらに、産後ダイエットは、実施する期間も重要ですが、それぞれの生活習慣や減らしたい体重に適した方法を選ぶことも大切だといわれています。

ただ、どんな状況の人にも共通することとして、体に負担がかかるような食事制限やハードな運動は避けるべきでしょう。

わたし的におすすめなのは、酵素を積極的に体内に取り入れるダイエット方法です。

この方法では、酵素の作用で腸の働きが活発になり、毎日の排泄がスムーズになり、また、食事で取り入れたカロリーを効率よくエネルギーに変換することができるので、痩せやすくなります。

わたしのやり方は、酵素ドリンクを朝と晩にカップ1杯ずつ飲んで、ごはん(炭水化物)の量を7割程度に減らしました。

それから、おかずについては、お肉やお魚に加えて野菜をしっかり食べることを意識しました。

そういった食事を心掛けただけで、3カ月で11キロ減らすことができました。

もちろん、これには授乳によるカロリー消費が大きく影響したことは間違いないと思います。

産後のダイエットのおかげで、いまではコンプレックスなしで水着になって、子供と一緒にプールに行っています。


産後ダイエットをおこなう時の注意点


私が出産後にきつかったことの1つは、授乳や子供の夜鳴きで睡眠不足になり、昼間眠気が我慢できなかったことと、もう1つは、しっかりと授乳しているにもかかわらず全然痩せなかったことです。

うちの場合は、夫が自宅で個人事業を営んでいるので、1日中家にいるため、当初はわたしも寝てはいられないと思い、がんばっていたのですが、幸い夫の理解もあり育児の合間に昼寝したりして、睡眠不足については徐々に解消することができました。

もう一つ、産後太りについては、1ヶ月の母子検診を終えたあたりから、真剣に取り組み始めました。

ダイエットするにあたって、産院の先生や看護士さんから「決して無理はしないこと」と釘をさされたこともあり、私の産後ダイエット実践時のモットーは「とにかく無理はしない」と決めてスタートしたことを覚えています。

産後の女性は、とにかく無理がききません・・・少なくともわたしはそうでした。睡眠が不規則だったことも一因だったかもしれませんが、一言でいうと「毎日とにかく、かったるい」という状態でした。一般的に出産後は、女性にとって人生の中で一番と言っていいほど身体が疲弊している時期ですから、やむを得なかったと思います。

そんなときに無理をすればよい結果は得られないでしょう。それと今考えてみれば、「無理をしない」と決めておくことで、自分の中でちょっとした「逃げ場」をもつことができたことも事実です。

わたしの産後ダイエットでは、食事面でちょっとだけ気を付けることと、軽い運動を行うようにしました。

食事面ではもちろん、炭水化物を抜く、あるいは○○しか食べない、などといいう極端なことはせずに、色々な食材からたくさんの栄養を摂るように注意しました。お肉やお魚は毎食欠かさず食べましたが、とくに意識したのが、なるべく多くの野菜を食べることです。

野菜に関しては、生野菜よりも火を通す調理を心がけ、また葉野菜から根菜類きのこなど食べる品数にもこだわりました。

それから、お米です。
授乳をしていることもあったのでしょう。毎食ごとにお腹が空いて空いて、ダイエット中にもかかわらず、むしろご飯は妊娠中よりも食べていたかもしれません。

妊娠前には、パンやパスタ、麺類などを好んで食べていたのですが、産後の食事は3食ともご飯食でした。
お米は腹持ちがよいし、周りから母乳の質を高めるには米食が良い、と聞いたことも理由の1つです。
結果として、3食をご飯にすることで、自然に和食傾向になったこともダイエット効果を高めることにつながったと思います。

それから、野菜や魚などを食べる機会が増えたこともあってか、脂っこいものはあまり食べませんでした。
このことも結果的には、母乳を出すという意味でも、赤ちゃんの健康のためにもよかったと思います。

運動については、最初は仰向けに寝転んだまま足を上げ下げする軽い産褥運動から始めて、身体が慣れてきたら、椅子につかまり立ちして行うスクワットなどもしました。
もちろん、「決して無理はしない」という考えがありましたから、身体がつらいときにはお休みしましたし、行なう回数などもその時々できる範囲で行なうというペースで、それなりに徐々にハードルを高めていくようにしました。

よくいえばマイペース、悪くいえば行き当たりばったりに行なったわたしの産後ダイエットでしたが、とにかく無理はしないことを意識しつつも、なんと妊娠前より体重を減らすことができ、鏡に映る自分の姿にも満足しています。


産後ダイエットでやってはいけないこと


いまでは、出産したママさんたちの間では普通に見聞きする「産後ダイエット」というワード。

ダイエットというからにはもちろん、やせることを目標にするわけですが、とはいうものの、産後ダイエットに取り組む場合は一般的なダイエットとは考え方を変えた方がよいと思います。

一般的なダイエットでは、やり方は別として、「摂取するカロリーよりも消費するカロリーを多くする」もしくは「消費するカロリーよりも摂取するカロリーを少なくする」ということが基本になっています。

具体的には、1日に食べた分以上に運動してカロリーを消費する、とか、1日の活動量以下に食べるものを制限したり量を抑える、といった手段がとられます。

でも出産後のダイエットを、こういった考えのもとで行うことは、健康を損なう危険があるので、決してやってはいけません。

産後の女性の身体は普通の状態とは異なり、体力は回復しきれていませんし、ホルモンバランスも崩れています。また、赤ちゃんの夜泣きや夜間授乳で、夜間にぐっすり寝ることもできず生活が不規則になります。

いわば、心身ともにゆっくりと休めることが出来ない状態です。

さらに何より、授乳によって母体の栄養をたくさん赤ちゃんに与えています
いうまでもないと思いますが、母乳は母体の血液から出来ています。つまり、母乳が出ているということは、命の源である血液がどんどん減っている状態なのです。

そんな状態のときに、食事の量を控えて摂取するカロリーを落としたりしたら、お母さんはもちろん、授乳を受ける赤ちゃんまで栄養不足状態になって、母子ともども体調を壊してしまうことになりかねません。

ママは病気しがちになったり、肌荒れを起こしたり脱毛症になったり、あるいはシワやたるみが増えたりと、急速に老けてしまったり、赤ちゃんにも栄養が渡らずに、丈夫な身体を作ることができません。

なので、出産後のダイエットでは、三度の食事はもちろん、間食にも質のよい食べ物を選ぶことが大切です。
ジャンクフードや加工食品には添加物が多いため、なるべく自然由来の食材を選んだり、油脂分の多い菓子パンやスイーツ類などは極力避けて、バランスのよい十分な栄養を摂取するだけで、自然に産後ダイエットが成功するはずです。

なにせ、授乳によって、よい意味でしっかりとカロリー消費できているわけですから。

あえて言えば、無理のない範囲でよいので、体操やストレッチなどで、ちょっとした運動は行ないたいところです。

妊娠期間は当然、運動量が下がってしまうため、どうしても筋肉量が減って身体の代謝が下がっています。そこで、かんたんな運動を取り入れて、筋肉量をもとに戻し代謝を上げて、痩せやすく太りにくい体質に改善したいからです。

いずれにしても、産後ダイエットでは一般的なダイエットのように、短期間での体重減少を目指すのではなく、ある程度の時間をかけて、赤ちゃんの成長とともにダイエットしていくくらいの考え方が適していると思います。


実録!産後ダイエットに有効なアイテム


ご多分に漏れず、私は妊娠~出産後、ちょっと太りすぎてしまい、産後ダイエットをする必要にせまられていました。

ただ、お医者様や周りの先輩ママ友から、食事制限をしてしまうと産後の肥立ちが悪くなったり、授乳をしている場合には母子ともに栄養不足になってしまうおそれがあると聞いていていたので、スイーツ類やジャンクフード等を我慢する以外にはとくに食べる量を減らすことはありませんでした。

わたしは妊娠前には、地元のエアロビスクールで定期的に体を動かしていたのですが、産後しばらくは、慣れない赤ちゃんのお世話でバタバタしてしまい、なかなか妊娠前のように運動をすることができませんでした。

そんな状況で、私が毎日育児の合間に使用していた、ダイエットに役立つアイテムについて紹介します。

ひとつは、骨盤を矯正するベルトや下着を使うことです。

出産後に妊娠前のパンツやスカートがはけない原因のひとつは、骨盤が開いていることにあります。

それだけでなく、出産するときに広がった骨盤をそのままにしておくと、血流が悪くなってしまったり、冷え症になったりもするそうです。

なので、産後ダイエットでは、骨盤ベルトなどを使って骨盤の形態と位置を補正することで下半身が引き締まり、少しずつ妊娠前のパンツやスカートがはけるようになるはずです。
実際、私は、産後3週間くらいから骨盤ベルトを使用して、その後2ヶ月目くらいからは骨盤を引き締めるガードルを着用して、骨盤を矯正したら、半年程度で洋服サイズが元に戻りました。

注意する点は、産後あまり早い時期から補正アイテムを身につけるのは危険です。まずは補正の前に、補正することができるまで子宮が回復しているかお医者様に確認することが必要です。

産後のお腹の膨らみが気になってしまう気持ちはわかりますが、まずは体の回復を優先して、あせらず少しずつ行いましょう。

骨盤ベルトや産褥ガードルはママさんショップやネット通販でいろいろ売っているので、手軽に購入できると思います。

バランスボールに座る女性

それから、私が利用したもうひとつのダイエットアイテムがバランスボールです。

バランスボールは、自宅でテレビを見ながら、家事や育児の合間に体幹運動を行うことができ、とても手軽です。

バランスボールに腰掛けてバランスを保つだけで、特別ハードな運動をしなくてもお腹まわりを中心とするインナーマッスルのトレーニングができます。

妊娠中に伸びておとろえてしまった筋肉を鍛えることによって姿勢がよくなりますし、腰痛の改善・予防にもつながり、何より筋肉がつくと基礎代謝が高まるので、太りにくく痩せやすい体質にかわることができます。

バランスボールの購入は、楽天やアマゾンなどのショッピングサイトで検索すれば、たくさん見つかると思います。

直径60センチ程度のものならどれでもよいでしょう。余談ですが、空気入れが付属しているものを買えば、余計な出費なしでスグに使えます。


産後ダイエットと妊娠線のケア


妊娠・出産を経験された多くのママ同様、わたしが娘を出産した後にとても気になったのが体重が増えたこと、もっというと、体型の変化・・・とくに下半身が太ったことです。

妊娠中には、子供が産まれればすぐに体はもとに戻ると思っていましたが現実はぜんぜんで、生んだ直後はお腹まわりからヒップにかけてたるみっ放しという感じでした。

それでも、出産後一か月間は、初めての育児に無我夢中だったこともあり自分の体のことなど気にする余裕もありませんでしたが、一か月検診の時に体重測定をしたところ、妊娠前体重よりも5キロも増えたままだったので、ショックを受けたことを覚えています。
一応、完全母乳育児を実践していたので、よく言われているように授乳によって体重は減るもんだと楽天的に考えていたのですが、実際には、食事管理ができていなかったのか、体重はもとに戻っていなかったのです。

その時点ではもちろん、鏡に映る自分の下半身も緩んだままでしたので、さすがにどうにかしきゃいけないと産後ダイエットを決意しました。

キャベツ山盛り

当時のわたしは、お腹が空いて空いてしかたなかったので、単に食べることを我慢するダイエットは無理だと考えて、嵩増し(カサまし)ダイエットを試しました。
嵩増しとは、食べる物の嵩(カサ)を増やして、空腹を感じにくくするというもので、食事のときに、キャベツやもやしなどの野菜でなるべくボリュームを増やして、食べた満足感を得られるようにしました。

食感が残るように調理した野菜は、量が増えるだけでなく咀嚼(そしゃく)する回数が増えて、満腹感を得られやすいので、ダイエットには最適だと思います。

 

さらに、それまでは間食にもおにぎり2,3個平気で食べていましたが、ダイエット中はするめやナッツ類をよく噛んで食べるようにして、余分なカロリー摂らないように心がけました。

あと、産院で習った骨盤ストレッチや赤ちゃんと一緒にベビーカーで散歩したりして、簡単な運動も取り入れた生活を送っていたら、自然に体重が落ち、体形もそれなりに戻ってきました。

妊娠線のケア

妊娠・出産でもう一つ落ち込んだのが妊娠線です。

わたしは、妊娠前期からクリームなどでお腹周りの肌ケアをしていたつもりだったのですが、結局、けっこう目だった妊娠線ができてしまい、これにも出産後落ち込みました。

出産してから妊娠線対策について調べてみたのですがこれといった方法も見つけられなかったので、やはり妊娠線をケアするクリームを使用したのですが、これが予想以上に効きめがあり、いまではまったく気にならないまでに回復しています。

効果に個人差はあると思いますが、わたしの場合は、市販されている妊娠線ケア用の製品のなかから、無添加でしかも、医薬部外品に指定されているものを使用して、満足いく肌ケアができたのだと思います。

わたしが使用したクリームを紹介しますので、参考にしてください。

 

↓↓無添加・無香料のケアクリームです↓↓