産後ダイエットのポイントは骨盤


ダイエットと聞くと、食事面の見直しをイメージするかもしれませんが、産後ダイエットでむやみに食事の量を制限するのは危険です。
産後のお母さんの身体は、体調が不安定になりやすいだけでなく、授乳によって体内の栄養分を大量に赤ちゃんに与えることになります。
さらに、育児のために睡眠も不規則かつ不足ぎみになりやすく、疲れもストレスも溜まりやすくなります。

そんな状態で、食事制限したら、ママの健康はもちろん赤ちゃんの栄養不足にもつながってしまうリスクがあるからです。

逆にいうと、食事をしっかり摂り栄養を十分に補うことで、ハードな育児に耐えうる体力強化にもなりますし、赤ちゃんへたっぷりと栄養を分け与えることもできるということです。

それでは、産後ダイエットで注意したいポイントはというと、それは骨盤です。

産後太りの多くは、骨盤の歪みが原因になっています。

妊娠するとホルモンの影響で骨盤が緩み、赤ちゃんを出産する時に骨盤は最大限に広げられますが、出産を終えても母体の骨盤はそのまま歪みが生じた状態になってしまいます。

なので、産後はすぐにサラシや専用ベルトなどで骨盤まわりを固定して、すこしずつ歪みを矯正するようにします。

骨盤は身体のコア(核≒中心部分)なので、その歪みが全身のバランスのくずれにつながり、血行不良やリンパ液循環不良などを引き起こし、身体の代謝機能が鈍るため太りやすくなってしまいます。

もちろん暴飲暴食など過度の食生活には気をつけなければなりませんが、産後ダイエットでは、専用ベルトを用いたり、ときは整体やストレッチを行いながら骨盤を正規の位置に戻してあげれば、自然とむくみが解消され贅肉も落ちてくるでしょう。

とはいうものの、赤ちゃんのお世話の動作はとても不安定で、抱っこやおんぶしながら無理な姿勢をとることも多いため、骨盤への負担も増えるため、なかなか歪みがとれません。

産後ダイエットは身体と心の負担にならないように、気長に構えてじっくり取り組むことが大切です。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*