産後ダイエットと妊娠線のケア


妊娠・出産を経験された多くのママ同様、わたしが娘を出産した後にとても気になったのが体重が増えたこと、もっというと、体型の変化・・・とくに下半身が太ったことです。

妊娠中には、子供が産まれればすぐに体はもとに戻ると思っていましたが現実はぜんぜんで、生んだ直後はお腹まわりからヒップにかけてたるみっ放しという感じでした。

それでも、出産後一か月間は、初めての育児に無我夢中だったこともあり自分の体のことなど気にする余裕もありませんでしたが、一か月検診の時に体重測定をしたところ、妊娠前体重よりも5キロも増えたままだったので、ショックを受けたことを覚えています。
一応、完全母乳育児を実践していたので、よく言われているように授乳によって体重は減るもんだと楽天的に考えていたのですが、実際には、食事管理ができていなかったのか、体重はもとに戻っていなかったのです。

その時点ではもちろん、鏡に映る自分の下半身も緩んだままでしたので、さすがにどうにかしきゃいけないと産後ダイエットを決意しました。

キャベツ山盛り

当時のわたしは、お腹が空いて空いてしかたなかったので、単に食べることを我慢するダイエットは無理だと考えて、嵩増し(カサまし)ダイエットを試しました。
嵩増しとは、食べる物の嵩(カサ)を増やして、空腹を感じにくくするというもので、食事のときに、キャベツやもやしなどの野菜でなるべくボリュームを増やして、食べた満足感を得られるようにしました。

食感が残るように調理した野菜は、量が増えるだけでなく咀嚼(そしゃく)する回数が増えて、満腹感を得られやすいので、ダイエットには最適だと思います。

 

さらに、それまでは間食にもおにぎり2,3個平気で食べていましたが、ダイエット中はするめやナッツ類をよく噛んで食べるようにして、余分なカロリー摂らないように心がけました。

あと、産院で習った骨盤ストレッチや赤ちゃんと一緒にベビーカーで散歩したりして、簡単な運動も取り入れた生活を送っていたら、自然に体重が落ち、体形もそれなりに戻ってきました。

妊娠線のケア

妊娠・出産でもう一つ落ち込んだのが妊娠線です。

わたしは、妊娠前期からクリームなどでお腹周りの肌ケアをしていたつもりだったのですが、結局、けっこう目だった妊娠線ができてしまい、これにも出産後落ち込みました。

出産してから妊娠線対策について調べてみたのですがこれといった方法も見つけられなかったので、やはり妊娠線をケアするクリームを使用したのですが、これが予想以上に効きめがあり、いまではまったく気にならないまでに回復しています。

効果に個人差はあると思いますが、わたしの場合は、市販されている妊娠線ケア用の製品のなかから、無添加でしかも、医薬部外品に指定されているものを使用して、満足いく肌ケアができたのだと思います。

わたしが使用したクリームを紹介しますので、参考にしてください。

 

↓↓無添加・無香料のケアクリームです↓↓


SNSでもご購読できます。