4ヶ月経ってからの産後ダイエット方法と注意点


妊娠・出産後に体重が戻らないと悩む人は多いと思います。
わたしの周りのママ友にも何人もいましたし、なによりわたしもその中の一人でした。

出産前には、子供を生んで授乳していれば自然に元に戻ると信じ込んでいたのですが、実際、自分の場合には多少の体重減少はありましたが、思うように体重も体形も変化しなかったので、正直あせりました。

特に、産後3~4ヶ月くらいになると、育児にも余裕がでてきたことも手伝って、空いた時間につい間食をしてしまう癖がついてしまい、これでは産後ダイエットどころではないといった状況に陥ってしまいました(苦笑)。

こうなると、「育児の余裕」も要注意です。

子供に母乳を与えることで痩せる(太らない)のは本当ですが、その分お腹が空くのでついつい食べてしまうというリズムを繰り返していれば当然、思ったようには痩せませんし、もっと先のことを考えれば、卒乳した後どうなってしまうのか心配です。

通常、産後ダイエットや産後の体型戻しは6ヶ月くらいまでにしっかりと行うことが理想とされています。

なので、わたしも産後4ヶ月の頃にはあせりがピークに達して、いよいよダイエットを頑張る覚悟ができました。

具体的に行ったこととしては、その頃のわたしは暇さえあれば何かを口に入れる習慣ができていたので、空腹を感じたら水を飲んだりガムを噛んで一呼吸置くようにしました。
いま考えれば、実際にはそんなにお腹が空いていなくても、ストレス発散のために食べてしまっていたこともあったのでしょう。一呼吸おくようにしたら、間食の癖は次第におさまりました。

もちろんその分、食事はしっかりと食べました

ご飯やパスタ、お肉や卵、野菜をなるべく毎食食べるようにして、まんべんなく栄養を取れるように考えました。

それから、なるべく体を動かすことも意識しました。

といっても、特別な運動を始めたわけではなく、産院で習った体操を毎日午前中に行い、午後には子供と一緒に外出するようにしただけですが・・・。

でも、散歩を日課にして気がついたのですが、ほんの少しの時間でもベビーカーを押しながら近所を歩くだけで、気分も変わりストレス発散になりますし、よい運動にもなります。
それに、家にとじこもっていると、ついつい食べ物に手が伸びてしまいますので、それを防ぐ意味でも一石二鳥でした。

そんな感じの生活をしだしたら、みるみるうちに体重が落ち始め、ダイエットを意識し始めてから3ヶ月ほどで妊娠前の体重に戻すことができました。

自分の経験を振り返ってみると、産後のダイエットでは確かに、特別なことは必要ありませんが、やはり食事と運動のコントロールは必要だということ、ただし、やり方は人それぞれでOK、という感じだと思います。


SNSでもご購読できます。