産後ダイエット成功の鍵は実施タイミングにあった!


出産後、自分の体重や体型の変化が気になって、産後ダイエットに取り組もうと考えるお母さんは少なくないと思います。

産後ダイエットを行うこと自体は、問題ないというより、むしろ美容はもちろん健康面でも有効なことだと思いますが、その実行は慎重に計画しなければなりません。

経産婦はみな、出産時に体力を消耗し、また骨盤の歪みも発生しているケースが多いので、体調を崩しやすい状態にあります。

さらに退院後、身体を休める暇もなくオムツ替えや授乳、夜鳴きのお世話など、赤ちゃんの世話が始まるので、疲労とストレスがたまりやすいです。

そんな時期に産後ダイエットを始めても、体力的にきつかったり、かえってストレスの種を増やしてしまうことになり上手くいかないことが多々あります。

わたしが思うに、産後ダイエットが成功するか否かの鍵は、実施するタイミングではないでしょうか。

出産して退院後、体力が回復するまで・・・早くても1ヶ月検診が終わるまで待って、また赤ちゃんのお世話が生活の一部になるくらい慣れてから、産後ダイエットに取り組むのがよいと思います。

といっても、体力が回復するまで・・・、生活が落ち着くまで・・・、と先延ばしにし過ぎると、あっという間に数ヶ月が経ってしまい、そうなると余分に付いた脂肪が定着してしまって落ちにくくなってしまいます。

実際、女性の身体は、出産後半年くらいまではホルモンの関係で血行が良くなっているので、代謝活動が活発なため痩せやすい状態です。
なので、産後1~2ヶ月、遅くとも産後3か月くらいから産後ダイエットを始めるのがタイミング的にはよいでしょう。

ただし、産後ダイエットには、通常のダイエットにはない注意点があります。

多くのお母さんが、完全母乳とまでいかなくても、ある程度は授乳しているでしょう。その場合、母体には栄養がいつも以上に必要です。

分かりやすくいうと、赤ちゃんに与える栄養プラス自分の健康を維持する栄養が必要だということです。

つまり、ママの健康をしっかり保ちつつ、赤ちゃんにも十分な栄養を与えられる分の食事を食べなくてはいけないということです。

かといって、もちろん食べ過ぎてはダイエットできませんから、とくに脂質と糖質(=炭水化物)のとり過ぎに注意して、栄養バランスに気をつけた食事メニューを心がけてください。

よく、お肉類を食べると太ると勘違いしている人がいますが、お肉やお魚は健康面でも痩せるためにも重要なタンパク源ですから、しっかり食べましょう

その際、調理方法として揚げ物にしてしまうと脂質過多になりやすいので、焼物・煮物などの料理がおすすめです。

あとは、無理のない範囲で、積極的に身体を動かす機会をつくりましょう。

といっても、わざわざ、○○教室や××ジムに通う必要はありません。

毎日の生活の中で、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を昇降したり、車を使わずに徒歩や自転車で移動したり、テレビを見ながらストレッチしたり、赤ちゃんと一緒に散歩に出掛けたり、など出来ることをするだけでOK

あとは、なるべく規則正しい生活をおくりながら、産後ダイエットをすすめていけば、きっと成功するはずです。


SNSでもご購読できます。