産後ダイエットでやってはいけないこと


いまでは、出産したママさんたちの間では普通に見聞きする「産後ダイエット」というワード。

ダイエットというからにはもちろん、やせることを目標にするわけですが、とはいうものの、産後ダイエットに取り組む場合は一般的なダイエットとは考え方を変えた方がよいと思います。

一般的なダイエットでは、やり方は別として、「摂取するカロリーよりも消費するカロリーを多くする」もしくは「消費するカロリーよりも摂取するカロリーを少なくする」ということが基本になっています。

具体的には、1日に食べた分以上に運動してカロリーを消費する、とか、1日の活動量以下に食べるものを制限したり量を抑える、といった手段がとられます。

でも出産後のダイエットを、こういった考えのもとで行うことは、健康を損なう危険があるので、決してやってはいけません。

産後の女性の身体は普通の状態とは異なり、体力は回復しきれていませんし、ホルモンバランスも崩れています。また、赤ちゃんの夜泣きや夜間授乳で、夜間にぐっすり寝ることもできず生活が不規則になります。

いわば、心身ともにゆっくりと休めることが出来ない状態です。

さらに何より、授乳によって母体の栄養をたくさん赤ちゃんに与えています
いうまでもないと思いますが、母乳は母体の血液から出来ています。つまり、母乳が出ているということは、命の源である血液がどんどん減っている状態なのです。

そんな状態のときに、食事の量を控えて摂取するカロリーを落としたりしたら、お母さんはもちろん、授乳を受ける赤ちゃんまで栄養不足状態になって、母子ともども体調を壊してしまうことになりかねません。

ママは病気しがちになったり、肌荒れを起こしたり脱毛症になったり、あるいはシワやたるみが増えたりと、急速に老けてしまったり、赤ちゃんにも栄養が渡らずに、丈夫な身体を作ることができません。

なので、出産後のダイエットでは、三度の食事はもちろん、間食にも質のよい食べ物を選ぶことが大切です。
ジャンクフードや加工食品には添加物が多いため、なるべく自然由来の食材を選んだり、油脂分の多い菓子パンやスイーツ類などは極力避けて、バランスのよい十分な栄養を摂取するだけで、自然に産後ダイエットが成功するはずです。

なにせ、授乳によって、よい意味でしっかりとカロリー消費できているわけですから。

あえて言えば、無理のない範囲でよいので、体操やストレッチなどで、ちょっとした運動は行ないたいところです。

妊娠期間は当然、運動量が下がってしまうため、どうしても筋肉量が減って身体の代謝が下がっています。そこで、かんたんな運動を取り入れて、筋肉量をもとに戻し代謝を上げて、痩せやすく太りにくい体質に改善したいからです。

いずれにしても、産後ダイエットでは一般的なダイエットのように、短期間での体重減少を目指すのではなく、ある程度の時間をかけて、赤ちゃんの成長とともにダイエットしていくくらいの考え方が適していると思います。


SNSでもご購読できます。