産後ダイエットで矯正下着をつけるタイミング


出産を経験したお母さんたちは誰でも、できれば妊娠前のベストな体形に戻りたいと考えていると思います。

そのために産後ダイエットで大切なことの一つに、妊娠~出産で開いた(歪んだ)骨盤を引き締めて、元の位置に戻しながらお腹や腰まわり、お尻のたるみを改善することが挙げられます。

骨盤の矯正に有効な方法として注目されているのが骨盤矯正下着です。

一言で矯正下着といってもタイプがいろいろありますが、実はいずれのモノも、ただ闇雲に着用すればよいというものではありません

いつから始めればよいか?

サイズ選びはどうするか?

など、疑問に感じる点は多いと思います・・・実際わたしはそうでした。

約1年前に2人目の子供を出産し、その後ダイエットに「一応」成功したわたしのオススメは、病院での1ヶ月健診が過ぎたあたりから着用することです。

矯正下着のタイプによっては、もう少し早い時期から着用できるものもありますが、産後の体調はとてもデリケートなので、できれば健診でお医者様から「問題ナシ!」とお墨付きをもらってから始めるのがよいという判断です。

実際、産後1ヶ月を過ぎると、体調も生活も落ち着きを取り戻してきますから、それからでも遅くはないのでは?!

矯正下着の目的は、妊産婦は出産後、脂肪が柔らかくなり子宮と腹壁の間に入り込みやすいので、骨盤矯正下着を着用することで、お腹まわりから腰のあたりを締め付けて、脂肪の浸入を防ぎます。

骨盤矯正下着は、着用時期と同時にサイズも重要です。

「矯正」を意識するあまり、ついつい補正力が強いものを選びたくなりますが、あまり下半身まわりを締めつけ過ぎると、血流やリンパの流れが悪くなって体調不良をおこしたり、冷えやむくみ、肌の黒ずみなどのトラブルを招く恐れがあるので注意してください。

サイズ選びのおよその目安は、妊娠前からの体重増加が、

7~8kgまで:従来と同じサイズ

8kg以上:ワンサイズUP

15kg程度:ツーサイズUP ※ちなみに、わたしは1人目のときはツーサイズUPでした(汗)

といった感じだと思います。ただし、コレはあくまでもわたし個人の感覚ですし、一人ひとり個人差がありますので、購入前には必ずご自身で確認してください。

わたしの経験では、骨盤矯正下着をつけると、初めのうちは締め付けやキツさを感じる事もありますが、慣れてくるとそれほど気にならなくなるはずです。
実際、ガードルで腰周りがきっちり固定されるので、姿勢がよくなり普段の歩行はもちろん、子供を抱いての立ち座りなどが楽になりました。

わたしは、2人目のときは、増加体重が8kgほどだったので、ダイエットにそれほど苦労しませんでしたが、その前(1人目の出産)のときは、妊娠中に増えた15キロの体重を約1年かけて妊娠前の体重に戻しました。

かなり苦労しましたが、それでも特別なことをしなくてもこの方法でダイエットすることができたので、途中経過が思うようにいかなくても、諦めないで続けてみる事が大事だと思います。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*