産後ダイエット やり方

産後ダイエットはゆっくりと継続的に!

 

妊娠をすると往々にして、お腹の赤ちゃんを守るため、あるいは無事に成長することを願うあまり、出産を迎えるまであまり運動しなくなりがちです。
また、つわりが終わった途端に食欲が出て、食べる量が増えることから、どうしても太りすぎてしまって、医師から注意を受ける妊婦さんは少なくありません。

 

もちろん、出産後自然に元の体重・体形に戻れば何も問題ありませんが、現実には出産によって減る重さは赤ちゃんと羊水あわせて多くても5kgくらいです。
つまり、それ以上に増えた体重は、体のどこかに余分な脂肪として残っているということ。
ということは必然的に、体型も変わってしまっているということになります。

 

そういった体重の増加や体型の変化を改善するためには、産後ダイエットが必要です。

 

ストレッチをする女性

たとえば、産後にストレッチや産褥体操など軽い運動を始めることは、出産で広がってしまった骨盤を矯正することにもつながります。
出産による骨盤の広がりを放置しておくと、将来的にわたって痩せづらくなったり、骨格の歪みが生じて猫背や腰痛、肩こり、血液循環が悪くなるなど、体調不良に悩まされることにもつながる可能性もあるので、骨盤矯正を意識することは大切です。

 

もちろん、本格的な産後ダイエットでは、食事に気を使って余分な脂肪を落とすことも重要ですが、まずは骨盤の改善に目を向けストレッチやヨガなどから取り組んでみるとよいでしょう。

 

産後ダイエットのやり方として、第一に決して無理をしないことが大切です。
特に産後間もない場合には、ベッドで横になりながらできるような、軽い手足の伸ばし、腹式呼吸などをする程度にしておき、退院後体調が戻って医師のOKが出たら、ヨガやストレッチを取り入れたり、自宅周辺を歩いたりして軽い運動から始めてみましょう。

 

骨盤矯正のやり方にはいろいろありますが、基本的には腹筋を鍛えること、さらには身体の柔軟性を高めることがポイントです。

 

とは言っても難しいことではなく、ストレッチを行うときにしっかりと腹式呼吸を取り入れるだけで、効果的な体づくりが行えるでしょう。
また、赤ちゃんが外に出られるようになったら、ベビーカーに乗せて散歩をしたり買い物に出かけたすることも足腰の運動になるので、そうなれば赤ちゃんと一緒に行うことができます。

 

食事面では、赤ちゃんに母乳を飲ませることを考慮すると、無理な食事制限は禁物です。
お菓子やスイーツ類などの間食を控え、通常の食事は栄養バランスのとれたメニューをしっかり摂るようにしてください。

 

くれぐれも決して無理をせず、運動・食事両面から軽いダイエットを継続的に続けることを心がけましょう。