産後ダイエット 効果的 やり方

授乳期を活用する

 

出産・・・新しい生命の誕生はたいへん嬉しく、赤ちゃんの存在は何物にも代えがたい宝物ですよね。

 

その一方で、妊娠や出産の過程で大きく膨らんでしまったママのお腹は、出産後も元通りには戻らないという悲しい現実があります。
妊娠中に増えた体重は、赤ちゃんの体重プラス羊水の重さ分以上には減りませんし、サイズ的にもワンサイズあるいはツーサイズアップというケースは少なくありません。
これを解消するには産後ダイエットが必要です。
といっても、出産後の身体はとても不安定なので極端な食事制限や激しい運動はNG。

 

産後ダイエットの必殺技、それは授乳!

そこで、是非とも産後ダイエットに上手に活用したいのが、授乳期間です。

 

母乳育児では、ママの身体から赤ちゃんへ、母乳を通じて大量の栄養が与えられます。
言い方を変えれば、授乳期間は母体に余分な栄養を蓄える暇などないといっても過言ではないでしょう。

 

さらに、出産後6ヶ月までは、妊娠中に付いてしまった脂肪が柔らかく、燃焼しやすい時期だとも言われています。
なので、授乳期を上手に活用することで、身体を元に戻す地固めをしてください。
そうしてから、産後半年以降には体調を気遣いながら、ダイエットエクササイズなどに取り組んでいけばよいのです。

 

授乳期を活用するといっても難しいことは何もありません。
適正な食事を適量食べ、赤ちゃんに母乳を与えるだけ、それだけでOK。

 

赤ちゃんに母乳を与えるお母さん

産後ダイエットに有効な、授乳期に理想的な食事とは、ズバリ高タンパクで低カロリーの食事です。
たとえば、植物性タンパク質を豊富に含む豆類、ミネラルが豊富な海藻類、またビタミン摂取のために野菜類をたくさん食べましょう。

 

それから魚類には、タンパク質はもちろんカルシウムなどの栄養素が豊富なので、しっかり摂取してください。
肉類を食べることは問題ありませんが、脂質過多にならないようにできるだけ赤身の部位にすることをおすすめします。

 

ポイントは、高脂肪の食品や加工食品、刺激の強いものは極力避けることです。
これはつまり、赤ちゃんの身体にやさしい食事をしっかりと摂取するということになります。

 

あとは、規則正しい食生活に気を配り、よく噛んでゆっくり食べることに気を配ってください。

 

世の中には、産後ダイエットの方法として幾つものやり方が紹介されており、どのノウハウもそれなりに有効だと思いますが、それらの中でも効果が高くかつ比較的簡単に行なうことのできるのが、授乳期の食生活をしっかりと管理することです。

 

まずは、出産後6ヶ月間とりわけ食事に気をつけて生活するようにしてください。
それだけで、ある程度のダイエット効果が期待できます。

骨盤をチェック!

 

もう一つ、産後ダイエットに効果的な方法として、骨盤矯正があります。
これは、読んで字の如く、骨盤の歪みを取り除くことです。

 

一般に出産後の骨盤は歪んでいるケースが多いです。
なぜかというと、女性の体内では出産を迎えるにあたりリラキシンと言うホルモンが分泌され、その影響で少しずつ骨盤のつなぎ目が緩んでいきます。
骨盤が緩んで広がることで、赤ちゃんが産道を通過できるように、徐々に身体が変化していくわけです。

 

そして、出産を終えると開いた骨盤は自然に正常な位置に戻ろうとしますが、もし妊娠前に骨盤の歪みがあったり、妊娠中に身体のバランスが崩れたりすると正常な状態に戻ることができなくなってしまいます。
こうした骨盤の歪みは、骨盤を支えている骨盤低筋群のゆるみを生じさせて下半身太りにつながり、その結果、内臓の下垂や臓器の機能低下、さらには便秘などを引き起こしてしまうこともありますので、しかるべき時期には矯正することが必要なのです。

 

骨盤矯正を行なうと、血行が促進され新陳代謝が向上し、その結果、脂肪を燃焼させやすい身体を作ることができます。

 

骨盤矯正は、産後整体を行っている整体院で手当てしてもらうことができますが、時間的に余裕がとれない場合には、自宅で骨盤矯正ベルトを着用することでも対応できます。
骨盤ベルトをつけて家事や育児をすれば、それだけで徐々に骨盤が正常に回復して、産後ダイエットの効果も出てくるはずです。

 

骨盤ウォーカーベルトで骨盤をリセットして、骨盤の開閉をスムーズに戻してあげることで、日々の悩みとサヨナラしましょう。

 

読者モデルも愛用中!骨盤ウォーカーベルト

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

骨盤ウォーカーベルト

 

スロートレーニングが有効

骨盤が回復したら、さらにスロートレーニングを取り入れれば、ダイエット効果はさらにアップ!
スロートレーニングとは、その名の通りゆっくり行う運動のこと。
略してスロトレなどとも呼ばれています。

 

スロートレーニングをする女性

スロトレは、運動をしている間ずっと軽い負荷を懸け続け筋肉の緊張を保つことで筋肉量を増やします。
その効果は、通常のトレーニングジムなどで行う筋肉トレーニングとほぼ同様だと言われており、継続すれば基礎代謝がアップして太りにくい身体を作り上げることができます。

 

トレーニングの内容には、横になったままの姿勢でも行なえるメニューもあるので誰でも無理なく行え、また反動を使わずスローな動作で行うため正確なフォームを保ちやすく、しかも少ないセット数でも効果があり、怪我をするリスクがとても低いです。
動きが簡単で穏やかなので産後の身体にもやさしく、「運動が苦手」「体力・筋力がない」という人も無理なく取り組めます。

 

スロトレは、身体を鍛える効果があるのはもちろん、疲労回復の効果もあるため、家事や育児で疲れた身体をリフレッシュさせるためにも、ぜひ取り組んでみてください。

 

スロートレーニングの具体的なメニューについては、オムロンのサイトに詳しく紹介されていますので参考にしてください。

遺伝子もチェック!

 

洋ナシ型とリンゴ型

出産後のダイエットに限ったことではありませんが、近年、「人がやせる・やせない」に、その人の遺伝子が関係していることがわかっています。

 

つまり、産後ダイエットを始める前に、自分がどの遺伝子タイプなのかを知り、そのタイプに合ったダイエット方法を取り入れることで簡単・確実に痩せられるというわけ。
言い方をかえると、これまでいろんなダイエット方法で痩せなかったのは、やり方や意思の弱さが原因ではなくて、単にあなたの遺伝子に合っていなかったのかもしれないってことです。

 

遺伝子検査などと聞くと、刑事ドラマでおなじみの犯罪捜査なんかを思い出して、なんだか難しそう・・・、あるいは怖い・・・と感じるかもしれませんが、ダイエットに用いられる遺伝子検査はとても簡易的なものなので、肥満遺伝子に特化しています。

 

ちなみに、現在までに、肥満遺伝子について50を超える関連遺伝子が発見されており、その内、日本人に変異が多い遺伝子は3種類あるといわれています。

 

  • β3AR:糖質の代謝に関わる遺伝子
  • UCP1 :脂質の代謝に関わる遺伝子
  • β2AR:タンパク質の吸収に関わる遺伝子

 

調査によると、日本人の約97%が上記3つの内いずれかに変異があり、どの遺伝子に変異があるのかを調べることで太る原因を解き明かし、もっとも効果が高いダイエット方法を知ることができるということなのです。

 

そして今では、この肥満遺伝子の検査は、自宅で自分で簡単に行うことができるので、自分の肥満遺伝子を分析して最適なダイエット方法を知りそれを実践しましょう。

 

産後ダイエットは、無駄なく効果的に最良の結果を出す!

 

そのために、ぜひ遺伝子検査を取り入れてください。

 

自宅で簡単に遺伝子チェック!

↓↓遺伝子博士の詳細はこちら↓↓