産後ダイエット 授乳中

お母さんの食事は、そのまま赤ちゃんに?!

 

授乳中は、お母さんが食べたものが母乳の味や質に直結します。
と言うことはつまり、赤ちゃんがアレルギーなどのトラブルと無縁に、すくすくと元気に育つためには、お母さんが食事に気をつける必要があるということです。

 

アルコール・カフェイン・タバコなどを控えたほうがいいということは常識ですが、実はキムチやカレーなど刺激物を多く含んだ食事も、おっぱいが辛くなる原因になるので控えたほうがいいそうです。

 

また、意外にも乳製品は控えた方がよいと言われています。
本来、授乳中の母体は赤ちゃんにたくさん栄養を与えるため、栄養不足を補うために乳製品でカルシウムやたんぱく質などを手軽に摂取したいところですが、乳製品をたくさん摂取すると母乳に悪影響を与える場合があるからです。

 

どういうことかと言うと、乳製品をたくさん摂取すると、これは母体の体質にもよるのですが、母乳が多く分泌されてしまう場合があり、増えすぎた母乳を赤ちゃんが飲みきれないと乳腺に詰まってしまい炎症を起こす可能性があるのです。

 

また、単純に乳製品を摂りすぎると母乳が高脂肪の状態になる、という側面もあります。
消化機能が未熟な赤ちゃんにとって高脂の母乳は消化しにくくなるため、便秘や下痢・湿疹などの赤ちゃんトラブルにつながることも。

 

その他にも、たとえばお餅や揚げ物も乳腺をつまらせる原因になるので控えた方が無難でしょう。

授乳中の酵素ダイエットのやり方

 

このように、授乳中のママさんは生活習慣や食事に関する制限が厳しいため、何かとストレスが溜まりがちです。
一方で、ストレスは産後ダイエットの天敵ともなり得ますので上手く解消したいところ。

 

食事制限のストレス解消に役立つのが酵素ドリンクです。
よく女性誌などで、授乳中のお母さんにも推奨されている酵素ダイエットですが、授乳中の人が酵素ダイエットをするときは気をつけなければいけないこともあります。

 

一般的な酵素ダイエットのやり方は、食事を断食して酵素ドリンクに置き換えるというもので、例えば3食のうち1食だけを置き換えたり、丸一日断食して酵素ドリンクだけを飲んだり、2〜3日の本格的な断食をしたり、とやり方は人によって様々です。
しかし、授乳中のお母さんの場合、前述した通り食事内容が赤ちゃんの栄養に直結するので、過度な断食はしてはいけません。

 

酵素ドリンクで癒しの時間

授乳中の酵素ダイエットのやり方としては、毎日の食事を少しだけ減らして、その代わりに酵素ドリンクを飲む、という方法がオススメです。
そもそも、日本人の食事では炭水化物を摂取しすぎている傾向があるので、毎食のご飯やパンを少しだけ減らしてドリンクに置き換えてみるとよいでしょう。
もちろん、お菓子やスイーツ類、ジャンクフードなどを間食しているならば、手始めにそれらを積極的に酵素ドリンクに置き換えてください。

 

酵素ドリンクは、授乳中に飲んでも問題はないものがほとんどですが、一応購入前に成分表を確認して、添加物や砂糖が多く含まれているものは避けましょう。
とは言っても、不味くて飲みにくいものでは長続きしないので、風味を良くするために添加物が少量含まれているくらいなら問題ないと考えてOK。

 

酵素ドリンクは少量飲むだけで栄養補給できますし、基礎代謝が上がるなどの効果がある健康的な食品(飲料)です。
母体が健康になれば当然、赤ちゃんにも良い影響が出るので、体調管理の意味でもぜひ、産後ダイエットに取り入れてください。

 

ただし、ママが口にしたものは授乳によって赤ちゃんも口にすることになるので、成分表示と原材料がハッキリした酵素ドリンクを選ぶことが大切です。
それから、もちろん、産後のダイエットを高めるためには食事管理だけでなく、なるべく日常のストレスを溜めないように、カラオケやスポーツなどで発散する工夫もしてください。

 

産後ダイエットに最適な酵素ドリンクなら優光泉(ゆうこうせん)がオススメ!
九州産野菜を減量として、子供からお年寄りまで飲用できる、安心・安全にこだわったドリンクです。

 

↓↓優光泉の原材料と成分表示はこちら↓↓