産後ダイエット お尻 ヒップ

 

産後太りというとお腹周りと考えがちですが、出産を経験した女性の中には、出産を機にお尻が以前よりも大きくなったと感じている人もいることでしょう。
もちろん、お尻が大きくなる原因は出産だけにあるとは限りません。
たとえば、脚を組んで座る習慣がある人や椅子に座っている時間が長い人、あるいは猫背の人などはお尻が大きくなる傾向にあるといわれています。

 

しかし、何と言っても出産に伴う骨盤の開きが、女性の下半身太りの大きな原因であることは間違いありません。

 

骨盤は自然に戻る?!

通常、妊娠中に広がった骨盤は産後3、4ヶ月かけて左右交互に少しずつ縮みながら、ゆっくりと正常な位置に戻ろうとします
が、妊娠前から骨盤の歪みがあったり、妊娠中に身体のバランスが崩れたりすると正常な回復がしづらくなるのです。

 

また、産後3ヶ月頃までに、授乳や家事で横座りや足組み、猫背といった悪い姿勢をとることでも、骨盤は正常な位置に戻らなくなってしまうことがあります。

 

そして、骨盤が正常復帰できずに開いた、あるいは歪んだままの状態にあると、骨盤周辺の血流が悪くなり脂肪燃焼が低下して脂肪がついてしまいます。
出産後に特に下腹部が太ってしまうのはこのためです。

 

骨盤の歪みはこうして矯正する

他にも骨盤の歪みは、腰痛や肩こり、むくみや冷え性などの婦人科系トラブルを引き起こす可能性もあります。
つまり、骨盤を正常な状態に戻さずに産後ダイエットをしても、下半身太りは解消できづらいですし、体調まで悪化させてしまうしまう恐れがあるということです。

 

なので、産後ダイエットでヒップまわりをきれいに引き締めたいと考えるなら、まずは骨盤を正しい位置に戻すことが先決なんです。
逆に言うと、骨盤を正規の状態に戻すだけで下半身太りが解消してヒップまわりを引き締めることができるとも言われています。

 

骨盤矯正には、エクササイズや骨盤ベルトが効果があります。

 

自宅で手軽にできる骨盤エクササイズとしては、骨盤ストレッチ体操がオススメです。
ここでは自宅で一人で簡単にできる方法を2つご紹介しましょう。

 

一つ目は「お尻回し運動」です。

 

やり方は次の通り。

  1. まず両足を肩幅に開いて立ち、手を腰に当てます。
  2. 骨盤を動かすように、腰を前後・左右それぞれ10回ずつ、ゆっくり動かします。
  3. 骨盤の位置を意識しながら、円を描くように腰を左右10回ずつまわします。このとき頭が動かないように、また足の裏が床から離れないように注意してください。

二つ目は「脚ひねりストレッチ」です。

 

やり方は次の通り。

  1. あお向けに寝て、両膝を立てる。このとき足裏は床につけたまま。
  2. 左右の膝をつけたまま、膝立ちした両足をゆっくり右に倒します。このとき左肩が床から離れないように注意して、息を吐きながら倒します。
  3. 息を吸いながらゆっくり両足を戻し、左側も同様に行います。左右それぞれ1〜2分程度行ってください。

 

両方ともあまり時間がかかりませんし、単純ですがそれなりに効果があるエクササイズですので、ぜひ取り組んでみてください。

 

忙しくてとてもエクササイズなどできないというなら、市販の骨盤矯正ベルトを着用する手もあります。
このタイプのベルトは、広がってしまった骨盤を改善するために作られたものなので、着用するだけでOK。
ベルトを上手に利用すれば、効果的にヒップを引き締めることができると思います。
ただし、ベルト装着時間が短いと効果が得られませんので、ライフスタイルに合わせながらなるべく長時間使用するようにしましょう。

 

その他、自宅で行なう骨盤矯正に加えて、整体院エステを利用することも有効です。
エステなどでは、プロの手による骨盤矯正を施術してもらえるのに加えて、自分に合ったストレッチなどについてアドバイスしてもらえるので、より安心して産後ダイエットに励むことができるでしょう。

 

日々姿勢に気をつける!

赤ちゃんを抱っこする女性

以上、骨盤矯正についていくつかお伝えしてきましたが、最後にもう一つ。
それは根本的な話になりますが、最も重要なのは日常生活においての姿勢だということです。

 

たとえば、授乳の際、赤ちゃんを抱っこして床に座りあぐらの姿勢でお乳を上げている人がいますが、この姿勢は骨盤が開きやすくなるのでNGです。
なるべく椅子やソファーに座って両足を閉じて授乳するように心がけましょう。

 

それから、足を組んでお乳をあげる人も多いですが、これも骨盤の歪みの原因にもなるので、できればクッションなどで赤ちゃんを支えながら授乳しましょう。
何事も日々の習慣から改めることで、改善の効果を高めることができる、ということを忘れないでください。