茶流痩々 ダイエット

こんなダイエット茶はイヤだ!?

 

ダイエットプーアールティー茶流痩々

↓↓↓ご購入はこちら!↓↓↓

 

茶流痩々

 

ウエストを測る女性

突然ですが、あなたはダイエット茶に不満をもっていませんか?

 

とある調査によると、ダイエット茶に対する不満の第1位は、

 

「痩せない・・・」

 

これって、そもそもの目的を果たしていないわけですから、当然といえば当然ですよね。

 

続いて第2位はというと、

 

「美味しくない・・・」

 

こちらは効果面というより、毎日継続するうえでの不満ですね。

 

調査結果を見ると、世の中にはダイエット効果をうたったお茶が数多くありますが、それらの中には痩身効果が少なかったり、味に不具合があるものも少なくないということがわかると思います。

 

ただ、誤解してはいけないことは、すべてのダイエット茶がそうではない!ということ。
きちんとした管理の下で、お茶の性質を理解したうえで作られたダイエットティーなら、美味しく・健康に痩せる効果があるんです。

お茶を飲むだけでダイエット効果!

 

荒畑園の茶流痩々(さりゅうそうそう)は100%純国産のダイエットプーアール茶。
従来のプーアール茶と違って、強いにおいやクセがなく飲みやすいから、毎日の食事や水分補給にピッタリ!
ダイエットしながらリラックス&リフレッシュできるんです。

 

体重を量る女性

茶流痩々は、

 

・食事制限はせずに、なるべく楽してダイエットをしたい。

 

・運動が続かない。忙しくて運動する時間がない。

 

・一時的には痩せても、すぐに体重が戻ってしまう。

 

などのダイエットに対する悩みを解決し、「無理せず上手に痩せたい・・・」そんな要望に応えるダイエットティーです。

 

 

茶流痩々には、腸内の脂肪吸収を抑制する働きがあるといわれるポリフェノールの一種「没食子酸」が緑茶の約25倍!
これは中国産プーアール茶と比べても約1.27倍の含有量です。

 

だからムダな脂肪はシャットアウト!さらにカテキンやミネラル類が新陳代謝を活性化。
脂っこい食事やスイーツを食べたあとは茶流痩々を飲んでカラダの中からスッキリ!

 

お腹は生命の源と言われていますが、茶流痩々で胃腸の中の悪いモノを一掃すれば、便秘だけでなく生理痛・生理不順・月経前症候群など、様々な症状を改善できる効果もあると聞くと、改めて驚いてしまいますね。

 

茶流痩々はタレントさんにも大人気!

 

茶流痩々の特徴

クセがなくまろやかで美味しいから、気軽に毎日続けられると評判の茶流痩々ですが、実は多くの著名人にも評判のようです。

 

CanCam,CLASSY,AneCanなどの読者モデル木本泉さんや、ママさん読者モデルとして活躍中の土屋香織さん、読者モデル&ライターとして活躍し現在は美容会社を経営している芝本裕子さんなど多くの有名人が、茶流痩々を愛飲していると話題になっています。

 

タレントさんや有名人が活用してるブログサービスといえばアメブロ。
ここには茶流痩々の体験記が複数あって、本当に多くの有名人&タレントが愛飲していることがわかります。

 

それらのブログを覗いてみると・・・

 

「プーアール茶独特の苦みもなくあっさりしてて飲みやすいので、マイボトルに入れて持ち歩いてるよ」(木本泉さん)

 

という記事や、

 

「普段の生活に取り入れて、飲むだけで無理なくダイエットできるので、とてもありがたかったです♪」(土屋香織さん)

 

という感じで好印象。かなり評判がいいんです。

 

 

毎食前・食後の飲み物をコレに変えるだけ!だから、簡単に毎日続けられる!
あなたも茶流痩々で、簡単に健康にスッキリボディに変身してください。

 

 

定期コースなら更にお得です♪

↓詳細・ご購入はこちら!↓

 

茶流痩々

※ご購入ページには口コミ情報も掲載されています。ぜひご覧ください。

プーアール茶の特徴

 

プーアール茶は、中国雲南省南部及び南西部を原産地とする中国茶(黒茶)の一種です。

 

そもそも「プーアール」とは雲南省南部の一つの自治県名で、この地域には昔から茶葉市場があり、瀾滄江(ランソウコウ、メコン川上流での中国の呼び名で浪滄江ともいわれる)沿岸の各県から生産される茶を集積していたため、これらの茶を総称してプーアール茶と呼び、その名称が現在ではそのまま黒茶の代名詞になっています。
そういった意味では、ブランド名と考えることもできますね。

 

製法による茶の分類

中国茶は非常にバラエティーに富んでいて、世界の茶のすべての種類を含んでいるとも言われています。
最近では、緑茶も紅茶も烏龍茶も、同じチャ葉からつくられることが、雑学的に取り上げられることも多いですが、まさにその製法の違いによって、緑茶、黄茶、白茶、烏龍茶(青茶とも呼ばれる)、紅茶、黒茶の六大種類に分類されます。

 

たとえば日本で最もなじみのある緑茶は、「殺青→揉捻→乾燥」という工程で作られますが、殺青の段階で生茶葉を蒸すなどして加熱し、葉の酸化作用を抑えてしまうことで、チャ葉(チャ樹の葉)中の酵素の働きをまったく利用しない不発酵茶です。
その一方で、紅茶や烏龍茶は、加熱をせずにチャ葉の酵素作用を利用して作られる発酵茶です。

 

ではプーアール茶に代表される黒茶はというと、もともとは緑茶を原料として作られるためチャ葉の酵素はほとんど働きませんが、堆積という工程で微生物発酵が生じることでこの茶の独特の風味を作り出す基となっているので、微生物発酵茶と位置づけられています。

 

つまり、プーアール茶などの黒茶は、納豆やチーズなどと同様に発酵食品であるとも言えるわけです。

 

お茶の役割

お茶の薬用効果は昔から中国内外の多くの医学書やその他の書物に書かれています。
つまり、昔からお茶は、単なる嗜好品ではなく、薬用として用いられていたのです。

 

近年では、茶の成分とその生理活性が科学的に次々と明らかにされており、

 

遊牧民

・中枢神経興奮作用
・利尿作用
・抗酸化作用
・抗ガン作用
・血中コレステロール低下作用
・抗菌、抗う蝕(虫歯予防)
・抗ウイルス効果
・血圧上昇抑制効果、血小板凝集抑制作用
・動脈硬化抑制作用
・抗糖尿病作用
・抗肥満作用
・抗アレルギー、抗炎症作用
・消化促進作用

 

など、言い伝えられてきた多くの効能が実証されています。

 

しかしながら中国の西北の遊牧民にとっては、科学実証などされる何百年も前から、黒茶は食糧以上に毎日欠かせないものだったようです。
ものの本によれば、遊牧民のあいだには「食糧が三日無くても、一日として茶無かるべからず」という諺があり、「茶一日無くば滞る、茶三日無くぱ病む」という言い伝えがあるそうです。
単純に解釈すれば、「食べ物よりもお茶が大事」ということでしょう。
そして、実際に遊牧民たちは、朝から晩まで1日に何十杯もの黒茶を飲むといいます。

 

その理由は以下のように考えられます。

 

食生活の面

茶には、消化液の分泌をよくし消化を促進し、食欲を起こす役割があります。
遊牧民の食事は、肉類や乳製品などの高脂肪、高タンパク質のものと、雑穀のような消化されにくいものが多いので、黒茶を飲むことで胃のもたれや食欲不振を防いでいるのです。
また、このような食生活では便秘になりやすいですが、飲茶によって腸の蠕動運動を活発にして便秘も防止しています。
さらに、茶の血糖値上昇抑制作用血中コレステロール低下作用などによって、高脂肪、高タンパク質、高カロリーの食生活による生活慣習病の予防にまで役立つていることが予想されます。
加えて、日常の食べ物に野菜・果物が少ないので、茶はビタミン源にもなっています。

 

生活環境の面

中国西北部の遊牧民の多くは、海抜の高いところに住んでおり、そのような地域では常に空気が乾燥しているため、体は毎日大量の水分を必要としています。
そのため、遊牧民たちは食事のときはもちろん毎日の放牧作業中にも何十杯もの茶を飲むそうです。

 

高所では気圧が低く、酸素濃度も薄いため、人の体は疲れやすく、目まいなどを起こしやすくなります。
加えて、高原では日照時間が長く、太陽からの紫外線も強いです。
そういったことに対しても、茶には中枢神経を刺激して精神作用を高め、疲労を克服する効果がありますし、突然変異を抑制し、白血球の減少を防ぐなどの作用があるので有益だと考えられます。

 

また、熱いお茶を飲めば体を温めることができますが、とくに西南部、西北部では寒季が長く気温が低いため、遊牧民たちは酒を飲んで体を暖める習慣があります。
茶は肝臓のアルコール分解作用を助けて肝臓の負担を軽くしますし、利尿作用で体内に残っているアルコールの分解を促します。
さらに、覚醒作用で酔い覚まし効果もあります。

 

その他の面

これは余談的な話かもしれませんが、茶の効用は人間だけにではなく、家畜にも用いられています。
普段、遊牧民たちは自分たちが飲んだ茶殻を、餌として家畜に与えているそうです。
実際、家畜は何日か茶殻を食べないと、元気がなくなるといいますから、何らかの効果があると考えてよいでしょう。

 

以上のように、黒茶とくにプーアール茶の効用は古くから注目されていました。
そして、近年、科学研究と臨床実験の結果、プーアール茶の抗菌作用や血中コレステロール低下作用、そのたの生理作用が証明されました。

 

今や日本人の食生活はどんどん高脂肪、高カロリー化しています。
これはつまり、我々の食生活はある意味で遊牧民たちのそれに似てきたということです。

 

そんな現代において、遊牧民達が長い歴史の中で貯めてきた生活の知恵が、この時代に生きる我々に役立つのかもしれません。

 

 

国産プーアール茶 茶流痩々

↓詳細・ご購入はこちら!↓

 

バナー