ダイエット茶 妊婦

これなら妊婦さんもOK!

 

お腹を触る妊婦さん

お腹の赤ちゃんのためには十分な栄養を摂取したい妊婦さん、食事は栄養バランスを考えてしっかりと食べることが基本です。
でも、ちょっとした油断から体重が増加し過ぎてしまう、ということは避けたいところ。

 

もちろん、出産後に元の体重に戻すのが大変になるということもありますが、妊娠中に体重が増え過ぎてしまうと、妊娠中毒症のリスクが高まるほか、産道に脂肪が付いてしまい難産となる懸念があるからです。

 

ただし、体重が増え過ぎてしまったからといって、妊婦さんが安易にダイエットに取り組むことはおすすめできません。
無理な食事制限や過激な運動は、絶対に行わないでください。

 

もし妊娠中に体重制限するならば、必要な栄養素を十分にとりつつ、無理なくダイエット効果が期待できるダイエット茶を活用しましょう。

 

ただし、ダイエット茶にもいろいろな種類があり、どんなものでもOKというわけではありません。
中には、妊婦さんにとって悪影響をもたらす可能性があるダイエット茶もありますので、慎重に選んでください。

 

妊娠中に用いるダイエット茶の選択時にポイントとなるのが、カフェインを多く含有しているか否かです。
妊婦さんならご存知だと思いますが、カフェインの過剰摂取は頭痛や睡眠障害を引き起こす可能性がありますし、体内で鉄分の吸収を阻害してしまう恐れがあります。
妊娠中には、お腹の赤ちゃんに栄養分を与える影響で貧血になるケースが多いため、鉄分吸収は重要です。
なので、妊娠中にはカフェインの摂取はなるべく控えたいところです。

 

最近では脂肪の分解を促す緑茶カテキンのパワーが注目されていますが、緑茶にはカフェイン含有量も多いため妊娠中のダイエットにはあまり適しません。
市販されているダイエット茶の中には、カフェインゼロのものや低カフェインのものがありますので、そういったお茶の中から選択するとよいでしょう。

 

→妊婦さんにもオススメ!国産初のダイエットプーアール茶 茶流痩々(さりゅうそうそう)

 

ダイエット茶によっては、食物繊維やミネラル、葉酸などが豊富にふくまれているものもありますので、そういったお茶であれば妊婦さんにとって一石二鳥の効果が期待できると思います。
妊娠中は便秘になる方も多く、そのために体重が増加傾向になる場合もありますから、食物繊維がふくまれているダイエット茶は効果が期待できるのではないでしょうか。

 

ただし、妊娠中のダイエットはあくまでも母子共々の健康管理だということは忘れずに、適正体重を維持することを心がけてください。

 

 

 

→トップページでは、飲むだけでダイエット!国産プーアール茶「茶流痩々」の詳細をご紹介しています。