プーアール茶 ダイエット

 

ダイエット茶といわれるものが多すぎて、何を飲めばよいのかわからない・・・
あなたはこんな風に思ったことありませんか?

 

これまで話題になったダイエット茶、たとえば杜仲茶、明日葉茶、ギムネマ茶、ウコン茶にゴーヤ茶にガルシニア茶などなど。
また最近では、いくつかの飲料メーカーが「特保のお茶」を販売しています。
きっと、どのお茶も効果はあるのだろうけれど、これだけあるとそれぞれの特徴も効能も把握しきれないまま、結局どれも試せない、なんてことになりかねませんよね? 

 

実は、ダイエットに効くお茶と一言でいっても、目的とする効果によって飲むものは変わってきます。
むくみ対策なのか、食欲抑制なのか、脂肪分を分解したいのか・・・。
例えば、お茶の成分の一つサポニンには、脂肪やコレステロールの吸収を抑える働きがありますし、リパーゼには脂肪を分解する効能があります。

 

つまり、自分がほしい効果からお茶を選ぶべきなんです!

 

 

ポットに入ったプーアール茶

 

そんな中で、「食べることが大好きなので、摂取した食べ物の油分や糖分の吸収も抑制してほしい。ついでに、いまカラダについてる脂肪も分解してほしい」なんていう、おそらくもっとも多くの人が考えている目的に適うお茶といえばプーアール茶です。

 

 

油分の吸収を抑えたり分解する成分として有名なのは、カテキンサポニンリパーゼタンニンですが、一般的に、これらはプーアール茶に多く含まれています。
なので、食事中にプーアール茶を併せて飲めばダイエットに効果的。
また、運動前・入浴前に飲むと、脂肪の燃焼効率が高まるとも言われています。

 

プーアール茶で特筆すべきは、茶葉に含まれているカテキンが重合ポリフェノールであるという点です。
茶葉に含まれるカテキンが製造過程で醗酵したものが重合ポリフェノールで、その基本的な効能は緑茶に含まれるカテキンと同様、腸内での脂肪分・糖分の分解と吸収の抑制です。
が、重合カテキンは体内に入った時により強く作用を示すため、より強い抑制効果が期待できます。
また、一般のカテキンと比べて、醗酵により渋みがマイルドになり、香りや味わいもアップします。

 

さらに、醗酵の過程で生じる没食子酸という酸も、腸内で脂肪吸収を抑制する働きがあり、重合ポリフェノールなど他の成分と反応して、減量効果を発揮するといわれています。

 

ただし、ダイエット効果を期待するならプーアール茶ならなんでもいいという訳ではなく、茶葉選びにはこだわる必要があります。

 

お茶畑

 

どういうことかと言うと、重合ポリフェノール含有量が多い茶葉というのは限られています。
それは、お茶に含まれるカテキン量には製品によって大きな差があるから。
つまり、しっかりと管理された日当たりのよい茶畑で、育成段階で豊富な紫外線を浴びて育った茶葉を発酵させたプーアール茶を選ぶことが大切です。

 

 

→トップページでは、飲むだけでダイエット!国産プーアール茶「茶流痩々」をご紹介しています。

 

その他にもプーアール茶には、整腸・利尿作用や抗酸化作用、悪玉コレステロールの生成抑制といった効能があるので、ダイエットだけでなく糖尿病予防、動脈硬化予防にも有効だといわれています。
日ごろの飲み物をプーアール茶に代えれば、それだけでストレスフリーに健康生活をおくれそうですね。